渡部篤郎の若い頃のイケメン画像5選。ブレイクはRIKACOとの結婚。

渡部篤郎さんといえば、色気のある男性俳優ですよね。

そんな渡部篤郎さんのイケメン画像や生い立ちについて見ていきましょう!

若い頃のイケメン写真5選

渡部篤郎さんは現在でも色気のあるかっこいい男性俳優ですが若い頃もかなりイケメンでした。

若い頃のイケメン写真を筆者の独断と偏見で5選ご紹介します!

かなり若い頃の渡部篤郎さんです。唇の形が独特ですよね。

女性っぽい可愛らしさもあり男性の色気もあります。

首の太さと顔の大きさがほぼ一緒なのが凄いです。

渡部篤郎さんは役柄からか、眉間に皺を寄せた顔をしていることが多いように思います。

それも渋くてかっこいいです。

かなり小顔ではありますが、こうして画像を見ているとかなりイケメン!というわけでも無いように思います。

しかし、全体的に雰囲気のある男性ですよね。

こちらは貴重な画像ではないでしょうか。

前髪をおろしている渡部篤郎さんです。

正直、この画像が一番イケメンではないかと思います。

短髪のイメージが強いですが、前髪がある方がもっと色気が出てかっこいいです。

物憂げな表情の渡部篤郎さんです。

本当に色っぽいですよね。

生い立ちまとめ、高校中退、バーで働く、肉体労働のアルバイト

渡部篤郎さんの若い頃のイケメン写真を満喫したところで、意外と知られていない生い立ちについて詳しく見ていきましょう。

渡部篤郎さんが俳優になる前の生活はあまり知らない方も多いですよね。

デビュー前は母親のバーを手伝ったり、肉体労働のアルバイト生活をして過ごしていました

渡部篤郎さんは一人っ子で、俳優デビューは1987年なのだそうです。

渡部篤郎さんの出身校は不明です。

中野区立谷戸小学校から中野区立第九中学校(現中野中学校)を経て、高校に進学しています。

小学生の頃は少年野球チームに在籍して、4番を務めるなど活躍。

中学と高校では陸上部に所属してリレーとハードルを担当するなど、運動神経はいいようです。

しかし時期不明ですが高校は中退してしまっています。

高校を中退した後は、上にもあるように母親のバーを手伝い肉体労働をしながら生活していたようですね。

同級生は体操のお兄さん・佐藤弘道で渡部篤郎をクラスのリーダー的存在だったと言う

体操の弘道お兄さんこと佐藤 弘道(さとう ひろみち)さんとは小学校と中学校の同級生だったそうです。

意外な接点です。

弘道お兄さんと渡部篤郎さんはタイプが全然違いますね。

弘道お兄さんは当時から気さくな性格だったようですが、渡部さんの方はクラスのリーダー的存在で、ちょっと元気なお友達とのお付き合いも。

「ちょっと元気なお友達」ということはヤンチャな友達が多かったのでしょうか?

少し不良だったのかもしれませんね。

芸能界入りのきっかけはエキストラ、役者としてのオファーが無く仕事を選ばなかった

小学生の頃から映画が好きなこともあって、エキストラの仕事をしたことが契機になって俳優を志します。

渡部篤郎さんはアルバイト先の関係者から、エキストラを頼まれたことがキッカケで芸能界に入っています。

渡部さんは当時を振り返って「修行と駆け出しで何でもやった」と語っています。

学生を辞めた後、バーのバイトや肉体労働をしていたということですから演技の勉強は特別していなかったと思われます。

駆け出しの頃は仕事が全くなかったので、どんな内容の仕事でも引き受けたようです。

こういった経験が現在の演技に活かされているのでしょう。

意外と順風満帆な俳優道を歩んできたわけではないそうです。

丹波哲郎の演劇学校『丹波道場』に所属し日活ロマンポルノにも出演

丹波哲郎さんが主宰していた俳優養成機関「丹波道場」に入って演技を学び、日活のロマンポルノなどにも出演。

渡部篤郎さんの色気はこの頃に培われたものかもしれません。

もともと俳優としての才能もあったのか、1990年代に入ると出演作も増え、以降は多くのテレビドラマや映画、CMに出演する俳優となりました。

身長は180センチ、小顔、スタイル抜群で俳優以外にもモデルとして活躍

渡部篤郎さんは、あの小顔からそんなに身長は高く見えないですが、180㎝と長身です。

小顔でスタイル抜群なので俳優以外にモデルとして活躍できたのも納得です。

180㎝の長身であの小顔は羨ましいですね。

渡部篤郎がブレイクしたきっかけは1993年女優RIKACOとの結婚

渡部篤郎さんは1993年にRIKACOさんと結婚しました。

結婚した当時は村上 里佳子名義で女優をされていました。

現在ではモデルのイメージが強いかもしれませんね。

おしゃれでスタイルもよくて、今もそうだけど辛口発言がうけて、カリスマ的存在だったよね。

当時はRIKACOさんの方が知名度が高く、「格差婚」だと騒がれました。

渡部さんとRIKACOさんの出会いはドラマ『湘南女子寮物語』での共演でした。

2人はこのドラマの打ち上げで意気投合。

「お互いにピピーンとくるものがあった」とか言って、1週間ぐらいで同棲をはじめます。それで、1ヶ月後には渡部さんからプロポーズ。

出会いから8か月後には入籍というスピード婚でした。

渡部篤郎さんの方がRIKACOさんよりも2歳年下ですね。

当時はRIKACOさんは売り出し中のタレントでした

一方で渡部篤郎さんは、ほぼ無名の役者さんだったそうです

周囲からまだ結婚は早いと言われても押し切って結婚したので当時は「格差婚」と言われています

そういったことからRIKACOさんは

「私が渡部篤郎を見出して世の中に出したのよ」と上から目線なんです

RIKACOさんには見る目があったのかもしれませんね。

事実、結婚してから渡部篤郎さんはドラマや映画などで活躍することが増えています。

渡部篤郎とRIKACOの間に子供は2人

2人の間には、1993年に長男の「樹(みき)」くん、1998年に次男の「蓮(れん)」くんが誕生しています。

結婚して6年目に次男が誕生しているということなので、RIKACOさんが47歳の時ですね。

高齢出産です。

渡部篤郎と中谷美紀の関係。そしてRIKACOとの離婚

渡部篤郎さんといえば有名なのが女優の中谷美紀さんとの関係です。

1999年にドラマ「ケイゾク」で中谷美紀さんと渡部篤郎さんは出会います。

その頃にはもちろんRIKACOさんという妻がおり、2人の幼い息子がいた渡部篤郎さんですが

不倫という形で二人の恋愛はスタートしたのです。

中谷美紀さんと渡部篤郎さんはその後15年間、関係を続けています。

結婚当初無名の役者だった渡部を、大成させたのはRIKACOで、子どもたちもまだ小さい。

2人は、夫婦仲のよさをアピールし続けたが、’05年末、渡部とRIKACOはついに離婚した。

渡部篤郎さんはRIKACOさんに以前から離婚を切り出していたそうです。

しかしRIKACOさんはすぐには応じませんでした。

離婚を切り出していたのは中谷美紀さんの存在があったからでしょうか。

離婚会見で2人が語っていた内容をまとめてみました。

渡部「仕事に熱中しすぎている傾向があって、家族とのバランスがとれなくなった。彼女にストレスをかけた」

RIKACO「私の描く家庭像と、彼の求めていた家庭像、父親像が違った。最初は(渡部が)私の理想の父親像を受け入れて努力してくれたけど、だんだんバランスが取れなくなってきたんだと思う」

あくまで「価値観の相違」を理由にしていた2人。

中谷美紀さんの存在はRIKACOさんも知っていたようなので、原因は中谷美紀さんだと思われるのですが、そこについては触れられませんでした。

だけど離婚から3年後には、RIKACOさんが「元旦那さんはみんなが知っている女優さんにとられちゃった」と発言したことが話題となりました。

夫が不倫したことを知っていながら、離婚に応じなかったRIKACOさんはすごいですね。

驚きなのはRIKACOさんと中谷美紀さんはもともと友人関係だったそうです。

離婚後、渡部篤郎さんは中谷美紀さんと結婚するかと思われましたが、中谷美紀さんとは破局。

元タレントの一般の女性と再婚しました。

若い頃は時代的に「イケメン」という言葉ではなく「二枚目」「色男」と言われていた、また演技派でもあった

渡部篤郎さんは若い頃、「二枚目俳優」「色男」と呼ばれていたそうです。

そして渡部篤郎さんといえばクセのある役柄を演じられることが多いイメージですが、演技力の高さは若い頃から評価されています。

1995年映画『静かな生活』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞、新人賞を受賞

渡部篤郎さんは映画「静かな生活」で障がい者の息子役を演じています。

作家の父と温厚な母のもとに幸せに暮らしていた絵本作家を目指すマーちゃんは両親が仕事で海外に渡航するということがきっかけで、大学入試を控えている弟のオーちゃんと障害者の兄であるイーヨーの面倒をいっぺんに見なくてはならなくなり、てんやわんやな生活を送ることになります。

この作品で日本アカデミー賞新人賞と優秀主演男優賞をダブル受賞。

渡部篤郎さんは、ブレイク前に仕事を選ばず何でも挑戦していた時代に演技力を培ったのだと思います。

現在は俳優、モデルとしてだけではなく、映画監督としても活動しています。

そういった才能があったのでしょう。

それを見抜いていたRIKACOさんは本当にすごいですね。

数多の難役を演じるコツとして、「オン・オフを区別せず、撮影で何かの役に入っている時はその役で日常を過ごしている

渡部篤郎さんは演技についてこのように語っていました。

渡部篤郎さんは他にも1996年に公開された「スワロウテイル」という映画で全編英語での演技を披露するなど、俳優としての実力は高く評価されています。

2000年TBSのスペシャルドラマ「百年の物語」で松嶋菜々子と共演

渡部篤郎さんは2000年にスペシャルドラマ「百年の物語」で松嶋菜々子さんと共演されています。

橋田壽賀子、山元清多、遊川和彦という錚々たる作家がリレー形式で描きつなぐ。

主演は全作とも松嶋菜々子でそれぞれの時代を精一杯生きる主人公を演じ分けた。

3部作となっているドラマで主演は前作、松嶋菜々子さんです。

渡部篤郎さんは仮出所したばかりの元ボクサーという役柄で出演されていました。

生い立ちから俳優として芸能界デビュー、結婚、離婚、不倫という渡部篤郎さんの情報のまとめでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)