OCNモバイルONEの契約期間1年以上!音声対応SIMで新コースの口コミ体験談

sim

毎月のスマホの使用料をもっと安く済ませられたら、と格安SIMについていろいろと調べていました。

docomo回線でつながらないことがほぼないことと、通信容量を使い切って速度制限されてもバースト転送機能があることから、最終的に選んだのは評判がいいNTTの完全子会社「NTTコミュニケーションズ」の「OCNモバイルONE」!

ちなみに「バースト転送機能」は、「OCNモバイルONE」の独自機能で、通信容量を使い切ってしまた速度制限時に、データ量の小さいWebやSNSを通常の速度で通信してくれる機能です。これはありがたいですね。

今使っているスマホで通信できるか不安だったのですが、どうにか無事に電話もデータ通信もできて、毎月の出費がとっても減りましたよ。

今回はそんな、OCNモバイルONEの口コミや実際に使用した様子、またしばらく使ってみて感じたメリット・デメリットなどを、詳しくご紹介します。

また最後には、私が悩んだ他の格安SIMたちもご紹介しますよ。

まさに今格安SIM選びに悩んでいたり、OCNモバイルONEはどうなの?と調べている人は、ぜひ参考にしてくださいね^^

\「今のスマホ」も「新しいスマホ」もOK!/

使い方に合わせたおトクな料金を見に行く>>

私がOCNモバイルONEを選んだ理由

いろいろと悩みに悩んだのですが、私が最終的に選んだ格安SIMはOCNモバイルONEです。

選んだ決め手は色々あるのですが、大きな理由は以下のとおり。

  • 月々の請求額は1,000円以内
  • 電話ができること
  • データ容量が1GBのプランがあること
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越せること
  • 今使っているスマホに使えること
  • データ容量を使い切っても低画質だけれどYouTube動画が見れること
  • ブースト機能???があること
  • テザリングができること
  • docomo回線なので電波のつながりが比較的良いこと

他社の格安SIMの中でも迷ったのですが、データ???を使い切ってもブースト機能???が唯一ついていて、1番希望に近かったのがこちらでした。

そして、回線品質が3期連続・総合1位評価獲得とよかったのも、契約する決め手になりましたね。

前に契約していたプロバイダ料が8,000円くらいかかっていて、次の更新月を待たずに違約金がかかってでも、格安SIMに今すぐ乗り換えたほうがトータルとして出費を抑えられると考えました。

注文内容は次のようにしました。

いま使っているスマホが対応機種として公式サイトに掲載されていたため、スマホ本体は注文しませんでした。

MNP予約して今使っている電話番号を引き継ぎました。

電話はほぼ使わないので使い放題にはしませんでした。電話をよく使う人はかけ放題のオプションが1,000円ほどで追加できるのもいいですね。

それから普段、Wi-Fiにつなげてしまうのでデータ容量は一番低い1GBのプランにしました。

普段から歩きスマホはせずスマホを落とさないようにしているので画面割れや故障を修理する補償のオプションはつけていません。

これで毎月の請求額が1,000円以内なのが嬉しいですよね。

注文したら、後はSIMが届くのを待つだけです。

注意点としては、予め公式サイトで今使っているスマホが対応しているか確認しておくことです。

SIMフリーのスマホなら大体のスマホが使用できる印象です。

今使っていないスマホが使えないなら、本体もセットで契約するのも手ですね。

設定は意外と簡単!

注文してから時間がかかるかと思っっていましたが、なんと3日後には到着!

新しいSIMが使えることにワクワクしていました。

結局はSIMが手に入れば事足りるということなんですよね。

スマホのSIMを挿し替えます。

あと接続先(APN)の設定が必要でした。手順どおりにスマホを設定すれば難しいことはありませんでした。

あと事前にMNP転出を申し込みMNP予約番号を取得しておいたもので、MNP開通手続きします。これで電話番号の移行は完了です。

もし設定でわからないことがあれば無料で電話サポートが受けられるので安心です。訪問でサポートするオプションも有料であるのでもしものときは使えますね。

OCNモバイルONEを契約した感想

OCNモバイルONEの格安SIMを使い始めて、1年以上経ちます。

予定どおり、携帯代の月々の出費を抑えることができ、かなり懐も温まりました。

私は音声対応SIMで1.0GBの契約をしています。※ちなみに後日、2021年12月頃に500MB/月コースが新登場したのでそちらにプラン変更しました。

1ヶ月分の利用料金

利用明細をOCNのHPから確認できます。

内訳は次のとおりです。

利用料金の内訳

月々800円行っていません。たまに5分くらいの電話を月に2回ほどすると800円を超えることがありますが、基本的に700円台です。

ちなみに、OCN光のプロバイダ契約もしている人ならさらに200円割引されるようになってお得です。

通信容量の利用状況はスマホのアプリかOCNのHPで確認ができます。今月あとどれくらいの残量があるかがわかります。

通信容量の残量

前月の1GBを繰り越して当月は2GBがまるまる残っています。普段Wi-Fiに接続しているので全然使っていませんね。

通信速度は次のとおりです。

回線速度、速度制限なし

通常の回線速度は、ダウンロード82.0Mbps、アップロード11.6Mbpsで、動画閲覧やビデオ会議などにも耐えられるほどの高速です。

容量を使い切り速度制限になったり、節約モードの低速通信の場合は次のとおりです。

回線速度、速度制限あり

最大200kbpsと謳われますが、それ以上の速度が出ています。

これだけ遅くても低画質ですがYouTube動画が見られる速度です。音質の劣化は感じられませんでした。

容量いっぱいまで使ったとしても自動的に追加料金が取られることがないので安心です。

またOCNモバイルONEの特徴の1つのバースト転送機能で、速度制限時や低速通信時でも通信開始後の100kbほどのデータを通常速度で通信できます。WebやSNSをパッと表示できます。素早く別のページを複数表示しようとするとバースト転送の効果はなく、体感としては10秒くらい待つとまたバースト転送が効くようになります。

万が一、容量を一時的に増やして通常の通信速度で利用したい場合は、公式サイトに行き、500円で500MBが追加できます。

また速度制限を自分でかけることができます。これによりデータ容量の消費がされません。いざというときのために速度制限を常日頃からかけておくこともできるわけです。

しかし、私の場合、Wi-Fiにつないで使っているため、データ使用量について気にすることなく通常モードで使っています。

あとテザリングできるのも便利です。Wi-FiのないカフェなどでPC作業するときに、スマホのテザリング機能を有効にしてスマホ自体をWi-Fiスポットとして使えます。

電話の通話について改善された点がありました。これまで「OCNでんわ」という専用アプリを使うことで電話番号の前にプレフィックス番号を自動的につけてくれて電話料金がお安くなっていました。通常だと22円/30秒のところが11円/30秒と半額です。これが2021年4月頃にアプリが不要になったのです。面倒な手間が1つ減りました。

ここまで良い点をあげてきましたが、不便だなというと思う部分もありました。

それはやはり速度制限がかからないように常にWi-Fiに接続して使うよう気にすることです。しかし、1度Wi-Fiにつながるように設定してしまえば、スマホが自動的にWi-Fiにつなごうとしてくれるので、そこまで気になっていません。

\「今のスマホ」も「新しいスマホ」もOK!/

使い方に合わせたおトクな料金を見に行く>>

OCNモバイルONEのメリット・デメリット

実際にOCNモバイルONEの格安SIMを使ってみて、感じたメリット・デメリットをまとめてみますね。

使ってみないとわからない点も多かったのですが実際にそのあたりはどうなのかをお伝えします。

メリット

まずはメリット。

  • SIMの挿し替えとMNPの設定だけなので簡単
  • 到着までの時間が早い
  • 月々の出費が抑えられる
  • 余った通信容量を繰り越せる
  • データ容量不足でも自動で追加課金されない
  • 通信障害に遭遇したことがない
  • 対応する機種が豊富
  • 速度制限があってもバースト転送機能があるし、低画質だがYouTubeが見れる
  • 専用アプリがなくてもお安く電話できる
  • テザリングに対応している
  • 迷惑電話と迷惑SMSの拒否が無料でできる

基本的に契約やSIMの挿し替えとMNPの設定は自分でするしかありません。

もしとっても面倒だったら店舗のあるキャリアを選ばなければならないのですが、結果的にはそこまで大変ではなかったので良かったです。

ただし機械音痴だったら無理かも。周囲に機械に強い人がいればそこまで苦労することなく、格安SIMを使うことができますよ。また無料で電話サポートも受けられます。

注文してからSIMが届くまで思っていたよりは早くて印象がよかったです。

それに月々の利用料金が低いのに、通信が安定しているのが良いですね。

余った通信容量を翌月に繰り越せるのもお得感があります。

もしデータ容量を使い切ってしまっても容量を追加でき即時に速度制限が解除できて便利です。

もし、速度制限がかかってもバースト転送機能があってWebやSNSがサクッと表示できるのと低画質だけれどYouTubeがカクつかず見れるのが嬉しいです。

電話はめったに使わないのですが、もしかけたとしても、他社よりも約半額の11円/30秒と安くてお得です。また2021年4月頃に専用アプリが不要になったことで、設定の面倒がありません。

もしWi-FiのないカフェであってもテザリングできてノートPCで作業ができてしまうので便利です。

着信拒否の設定が無料でできるのも嬉しいです。かかってきてほしくない電話番号を設定するだけで着信拒否とSMS受信拒否ができるんです。設定したらスマホにまったく通知がされなくなるので精神的にも軽くなりました。

デメリット

続いてデメリット。

  • 店舗がない
  • LINEの年齢認証ができない

デメリットはあまり感じていないのですが、あえて挙げるなら。

格安SIMの特徴である店舗がないということで、もしわからないことがあったら対面で質問することができません。

しかし、機械音痴でなければネットで調べて解決してしまうでしょうね。それでも解決しなければサポートに問い合わせます。

でも私の場合、これまで使ってきてネットで調べることはあっても、サポートに問い合わせるほどの難題に直面したことがありません。

LINEを使っていて不便だなと感じたのは知り合いのLINE IDを教えてもらっても検索ができないことです。LINEはOCNモバイルONEの年齢認証に対応していなく、LINE IDで友達を検索ができないからです。

もし、すでに年齢認証が済んでいれば、乗り換え後もその年齢認証はLINE側で継続されるので問題はありません。

年齢認証されていなくて知り合いのLINE ID検索ができない場合は、IDの代わりに、QRコードかSMSの招待メッセージ内のURLで代用しましょう。

それでも、私の場合、対面で会ってQRコードで友達登録するのであまり不自由は感じませんでした。

また一部のユーザーから電池消費が早いという意見があります。しかし、私の場合、バッテリー容量が3000mAhのスマホを使っていて、スタンバイ状態の10時間で100%から90%に減るくらいなので困ったことはないです。

こんな感じで、ちょっとイマイチ・・・と思う点はありましたね。

けれど、普段使っている時、月々の使用量の低さの割にはいいんじゃない?って思えるSIMでしたよ。

総合的に見ると満足できる商品だなって感じました。

\「今のスマホ」も「新しいスマホ」もOK!/

使い方に合わせたおトクな料金を見に行く>>

OCNモバイルONEがおすすめの人

実際に私が契約してみて、OCNモバイルONEの格安SIMをおススメできるのはこういった人だなと感じました。

  • SIMを挿し替えるなど店舗がなくても自分で設定できる人
  • 携帯料金を安く済ませたい人
  • 普段、Wi-Fiにつなげてスマホを使っている人
  • 安定したdocomo回線を希望する人
  • LINEでID検索ができなくても困らない人

OCNモバイルONEのSIMを契約した時には、必ず自分でスマホの設定が必要になります。

思ったよりも簡単な設定ではありましたが、自分で設定する自身がなかったり、身近に設定できる人がいなかったり、そういう場合にはあまりおすすめはできません。

そういった人はdocomo、ソフトバンク、auなどの店舗があるキャリアを選ぶ方がいいかもしれませんね。

なにより、OCNモバイルONは、携帯料金を安く済ませたい人におすすめです。オプションによっては月々1,000円以下に抑えられますから。

普段Wi-Fiにつないで使っているなら、容量の少ないプランを選択すればより出費が抑えられますよ。

またもしものときに電波が途切れるのは嫌だ、という人におすすめで、docomo回線なので電波の入りが良いです。例えば地下にいて他のキャリアの回線の電波は入らないのに、docomo回線だと電波が入るなんてことが何度も経験しました。

またLINEを使っていて友達をIDで検索することがあまりない人か、LINEの年齢認証がすでに済んでいる人は、LINEの友達検索に不自由しないでしょうね。

OCNモバイルONEを契約するならどこで契約?

OCNモバイルONEは店舗が一切ないので、ネットからしか契約ができないキャリアになります。

今回、私はOCNモバイルONEの公式HPから購入しました。

OCNモバイルONEの公式HPには、期間限定でスマホ本体が1円で売られていることがあります。

定期的にこういったセールがあるので、そのタイミングを狙うとかなりお得に契約することができますよ!

1万円や2万円のスマホ本体が1円ってことですからね!

\「今のスマホ」も「新しいスマホ」もOK!/

使い方に合わせたおトクな料金を見に行く>>

他に悩んだ格安SIMも紹介!

ここからは、私が今回契約した格安SIMを選ぶときに比べて迷ったものを、少し紹介しますね。

こどがよくてどこがイマイチなのか、私が感じたポイントも書いておくのでぜひ格安SIM選びの参考にしてください^^

Y!mobile

いいところは次のとおり。

  • 月々2,000円程度でリーズナブル
  • ソフトバンク回線
  • 店舗がある

イマイチなところは次のとおり。

  • 月々2,000円程度より安いプランがない
  • 割引が契約してから6ヶ月、1年などあるが期間過ぎると割高になる

楽天モバイル

いいところは次のとおり。

  • 1GBまで0円
  • 20GB超過~無制限で2,980円
  • 店舗がある

イマイチなところは次のとおり。

  • 遅くても繋がりやすいプラチナバンドではない楽天回線
  • データを使うほど自動的に料金が発生する
  • 無制限であっても20GBを超えると最大1Mbpsで遅い

1度はY!mobileを契約したんですが、1週間後には解約してしまいました。違約金が取られてしまいましたが、月々2,000円ほど払うのは高く感じてしまったんです。

まとめ OCNモバイルONEは案外よかった!

今回は格安SIMとして契約したOCNモバイルONEについてレビューしました。

長く使うものになるし、なにより生活インフラなので簡単に手放すことはできません。

だからこそ失敗しないように、自分のライフスタイルや使い方にあった格安SIMを選びたいですよね。

OCNモバイルONEのSIMは、お値段も手頃で、設定も簡単で、結果的には私にピッタリでした。

なにより、月々の出費が1,000円以下に抑えられたのが1番の収穫ですね!

あなたもぜひこのブログを参考に、快適な格安SIMを探してくださいね。

OCNモバイルONEのSIMを契約しようか悩んでいる人の、参考になれば嬉しいです!

\「今のスマホ」も「新しいスマホ」もOK!/

使い方に合わせたおトクな料金を見に行く>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました