平野文は創価学会なの?若い頃は?夫は小川貢一で子供いる?

声優

日本の女性声優、平野文についてまとめました。創価学会なの?や若い頃、夫、子供についても詳しくまとめてあります。

平野文は創価学会に入信?

平野文さんは、創価学会に入っているという噂が流れていますが、本当なのでしょうか。調べてみると、こんな記事が。

平野文 の社会的影響力を考えると、この噂が真実か否かって実は結構大きな問題かもしれません。情報ソースを漁って真偽を判定する…

なんて言うと難しいですけど、 平野文 の「創価学会会員である」について書かれた記事を見て、その真相を探るというのはとっても大事ですね。

まず、平野文についてのwikipediaのページを確認したところ、創価学会に関する記載はありませんでした。次に、平野文と創価学会の関係を各メディアの記事から調べましたが、これもやはり関連のある物が見つかりませんでした

要約すると、真相を探ったところ、創価学会に関する記載はなかった、ということで、白ですね。果たして、誰がこんな噂を流したのでしょうか。

日本だと宗教は悪いイメージがつきやすいので、本人も辞めてほしいことでしょう。また、あんまりこういったことをやりすぎると名誉棄損という犯罪になりますのでご注意を。

平野文の若い頃はラムだった

平野文さんは、なんとあのうる星やつらのラムを担当していたんだとか。

スポンサードリンク

17歳(1972年)から、NHKラジオ「若いこだま」他3番組のDJを始める。大卒後、深夜放送『走れ歌謡曲』(文化放送)のDJとなる。当時番組内で、受験生からの、様々な声のリクエストに答えながら「がんばれ〜」と叫ぶ、「よろずおめでたコーナー」を聴いていたリスナーから

「声優をやってみたらどうですか」というハガキを受け取り、アニメ『うる星やつら』のラム役で、声優デビュー、いきなりの主役級であり、番組自体もロングランとなって人気を集める。

当時はラジオDJを務めていて、リスナーの手紙により声優業界に入ったところ、見事うる星やつらのラム役という主役級の仕事をもらったのですね。

ちなみに筆者はうる星やつらの世代ではないので、当時どれだけ人気を博していたとかは分かりませんが、見たことないのに名前は耳に入っているので、相当有名でしょう。そんなアニメの主役にいきなり抜擢されるなんて、すごいですね!

平野文の夫は誰

そんな平野文さんの夫は誰なのでしょうか。調べてみると、こう書いてありました。

スポンサードリンク

平野文さんは、1989年10月に築地魚河岸仲卸の3代目と結婚。夫は小川貢一さんという方だそうです。結婚に至った理由としては、結婚前にNHKニュースのリポートで築地を訪れていたのがきっかけだったとのこと。

築地魚河岸仲卸というものが何かは分かりませんが、お店でしょうか。調べてみるとそんな気がします。そこの三代目、小川貴一さんという方と結婚したんですね。

そして、何度も築地を訪れるうちに、すっかり築地の魅力に取りつかれ、「誰でもいいから築地の人と結婚したい!」と思うようになったと語られています。築地の広報の方にお見合いがしたいと頼み込んだ平野文さんは、今すぐにでも結婚する気満々だったそうです。

誰でもいいから、というのは少々癪に障るものがありますが、望み通り結婚できてよかったですね!また、当時を平野さんはこう語っています。

それまで結婚するつもりなんて、まったくなかったんですけどね。昭和から平成へ時代が移り変わるのを見てたら、私も変わらなくちゃ、っていう思いに駆られて。仕事を変えるわけにいかないし、ならば結婚かしらと。それに築地に住みたいと思ったタイミングが重なったんです。

築地愛がすごいですね(笑)しかし、築地がなくなってしまった現在はどうしているのでしょうか。気になりますね。

平野文の子供は誰

これについて調べてみた結果、全く情報がありませんでした。

まあ、プライバシーの関係もありますし、しょうがないっちゃしょうがないですね。

平野文のこだわりが凄い

声優の平野文さんは、声優に対する熱い思いを持っています。とあるインタビューの記事がありましたので、そこから抜粋して、みなさんにお届けします。

使命感はあります。でもそれはプロとしては当たり前。アニメのキャラは歳を取りませんよね。久しぶりに画面に登場した時、声も変わっていないねと思われなければなりません。そこは維持しなければならない。

でも、キャラが変わらないのだから声優も変わってはならないと律していると、こっちも変わらないんじゃないかと思います。

声優として、素晴らしい心がけですね!確かに声が変わってしまうと必ず違和感を感じます。そこをカバーできるかどうかは声優さんの力量次第といったところでしょうか。

私ね、自分の中で一番こだわっているのは“時間”だと思っているんです。あと、それから“裏方”であるということ。DJも声優も、決して表の仕事ではないですよね。その裏の仕事の中で、時間枠を決められて、そこにきれいに収めるということにすごくやりがいを感じるんです。

裏方の仕事が好きということで、筆者とは正反対ですね。時間という枠の中できれいに収める、これは言葉を変えますと完璧主義者に近い思想ですね!

スポンサードリンク

コメント